ビタミンB1の摂取について

ビタミンB1はどんな栄養素なのかを解説する

ビタミンの中でも、特にビタミンB1は非常に知名度が高く健康維持をするのにも必要なことですね。
この、ビタミンB1はビタミンの性質の中でも水溶性ビタミンの一つに分類される物です。
特に、欠乏症の中でも代表的な脚気という病気はこのビタミンB1が欠乏することによって起こる物だとされているんですね。
つまりは、脚気の予防にも効果があります。
そして、それ以外にも食事から摂取する糖質からエネルギーの産生と皮膚や粘膜などの健康維持を補助するという役割があります。
特に、脳神経系の正常な働きには糖質を栄養源としていますのでビタミンB1はそれを補助することにも大きく関係しているんですね。
ビタミンB1は、体の中でも特に中枢を司るような役割を持っていますので健康維持は勿論ですが、体の機能を正常に保つというような役割を持っているんです。

ビタミンB1はどのようにして取ったらいいのか

ビタミンB1が体には必要な成分だということはわかったかと思うのですが、ビタミンB1に関してはどんな食べ物に豊富に含まれているのかが気になるところですね。
ビタミンB1は、特に豚肉やレバー、豆類などに沢山含まれています。
その中でも、実は豚肉がとくに沢山の栄養分を含んでいるので野菜ではなく豚肉も体にいい物なんですね。
また、実はこのビタミンB1は実は日本人の主食でもあるお米にも含まれているんですね。
しかし、普段口にする精白米というのはビタミンB1が豊富な米ぬかを洗い流してしまっているので、あまり多くはないですね。
なので、ビタミンB1をできるだけ摂取するためには洗米は程よくする程度にしたり、玄米などを使ったり麦ごはんを食べるようにしたりする事で米食でもビタミンB1を摂ることができるようにできるのです。

ビタミンB1はどの程度摂るのがいいのか

ビタミンB1は、どの程度摂るのが体にいいのかという事ですがまずビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるのに非常に大事な物でこれが不足すると疲れが出やすくとれにくくなったりすることにつながりますので1日のうちにビタミンB1の豊富な食べ物を一食一品意識するようにすると、不足してしまうことはなくなるでしょう。