ビタミンAはどんな効果があるのか

ビタミンAの効能と効果はどんなものなのか

ビタミンAには、それぞれA1とA2の二種類があってA1はレチノール、レチナール、レチノイン酸という物があります。
そして、A2にはA1の類縁化合物の3デヒドロレチノール、3デヒドロレジナール、3デヒドロレチノイン酸という物があるのが特徴的です。

これらを、総称したのがA群に入るのですがA1のレチナールは視紫紅ロドプシンという物の構成成分と関わりがあり、視覚に関する機能に大きな影響があります。

他にも、体の粘膜の機能や上皮細胞の機能を維持するためにも必要な成分であり、発がん抑制作用や胚発生の形態形成作用もあるなど沢山の効果があるんですね。

視覚に関する機能は、主に目の機能の中でも明るさや暗さの感受性を維持する効果があり、明暗の識別能力を正常に保てるかどうかということに関わって来ます。

これが不足してしまうと、夜盲症や暗順応遅延などの症状につながってしまいます。

視覚以外に作用する効果はどんなものがあるのか

更に、このビタミンには目以外にも様々な作用があるのが特徴的ですね。

例えば、上皮細胞の機能を維持し成長を促進させて発がんの抑制作用や免疫の機能を高めたり、味覚の機能を健康的に維持したりと非常に沢山の生理作用があるのがA群の特徴的なんですね。

このように、目意外にも口や花、喉や肺、胃や腸と言ったような粘膜や消化器官などの健康状態を維持するためには非常に重要な成分なんですね。

皮膚や粘膜、上皮細胞と言うのですが此方は傷や感染症などから体を保護してくれるというような作用があるんです。
更に、健康状態は勿論のことなのですが、肌の水分の状態を保ったりして乾燥肌にならないようにしてくれるなど、美容効果も非常に高いのです。

逆に言えば、感想肌になってしまったりカサカサしたような肌になっている人はAが不足してしまっている事が原因である可能性があるんですね。

他にも、癌などが増殖しないようにする効果もあり癌の予防にも効果があるので、健康を保ちつつ重大な病気などを事前に予防する音ができるのです。

今、非常に沢山の研究が進んでいるというところもこの栄養素の特徴でもありますので、このビタミンは積極的に摂取することをおすすめしたいですね。