ビタミンAの多く含まれている食べ物と過剰摂取

どんな食べ物に多く含まれているのかを紹介する

ビタミン、という成分を想像するとどうしても野菜や果物などを想像しがちですね。

実際、沢山含まれているのはそう言った食べ物なのですがAに関して言えば野菜類よりもどちらかというと肉類では豚肉や牛肉、鶏肉の肝臓部分に多く含まれているのが特徴的です。

そして、このビタミンが含まれているのは肉以外だと例えば鰻やいか、卵やバターと言った乳製品などにも豊富に含まれている事が特徴的で、実は野菜類ではないものにも沢山含まれている物なんですね。
特に、肉類の肝臓に関するとレバーがやっぱり代表的ですね。

レバーはレチノールがとても豊富に含まれているので健康的ではあるのですが、過剰摂取というのは実は逆に健康を残ってしまいますので食べ過ぎには気をつけなくてはいけません。

特に、鶏や豚のレバーに関しては一切れだけでも太陽上限量を超えてしまうくらいにレチノールを含んでいますので、食べ過ぎに注意です。

ビタミンAを摂りすぎないように気をつけるには

レバーは、特にレチノールが豊富に含まれている食品なので食べる時に食べすぎないように気をつけなくてはいけないのですが、例えばレバーの加工品であるおつまみなどにも食べられるスモークレバーは1枚だけでも成人の上限量を満たす量を摂取してしまいますので、加工品なども摂りすぎると栄養分を摂取しすぎてしまうんですね。

しかし、逆に牛の肝臓やフォアグラと言ったような肝臓部分は鳥のレバーや豚のレバーに比べると、それほど多くの量が含まれているわけではないので、此方は食べすぎてしまわなければ過剰摂取を心配することはないんですね。

数値的には、大体スモークレバーや鶏レバー、豚レバーは牛のレバーやフォアグラと比較すると10倍近くの栄養素を含んでいますのでかなり大きな違いがある、という事を覚えておくと良いでしょう。

妊娠中は特に摂取のしすぎに気をつけるように

ビタミンに含まれるレチノールは、過剰摂取しても数日で症状は収まるのですが妊婦さんの場合は、奇形児の発生率が上昇してしまうということがあるんですね。
なので、特にこの成分が沢山含まれているような食べ物を食べる際には妊婦さんの場合、食べる量に関して特に気をつけて置かないと危険なのです。