ビタミンAと妊娠中の人の影響について

妊婦さんのビタミンAの過剰摂取の注意点について

普通の成人であっても、ビタミンAのレチノールを過剰摂取してしまうと過剰症という症状が出てしまうのですが、ビタミンAは特に妊娠中には摂りすぎてはいけない物なのです。

どういう事かというと、妊娠中にこの栄養素を過剰に摂取しすぎてしまうと胎児が奇形児になってしまいやすくなる、というリスクが上がってしまうんですね。

実際、最近の研究報告では確かなデータが出てきているのですが、厚生労働省のすすめでは妊娠中はビタミンAを沢山摂取した方がいいというような推奨例があるようにバラバラな意見になっています。
実際、これはどちらの意見が正しいのかというところが気になるところですがこれらは実はどちらも間違ってはいないことなんです。
一見、相反する矛盾したように感じるこの意見は何故どちらも正しいのかということを紹介しましょう。

ビタミンAは1種類ではないので矛盾してない

この相反する意見が矛盾していない、というのは妊娠中の奇形児が生まれてしまうリスクと言うのはAの成分であるレチノールと言うものが影響するんですね。

しかし、このAに関してはもう一つ植物性由来のβカロテンという物があって、妊娠中に摂取したほうがいい成分というのはこの植物性由来のβカロテンの方なんですね。

なので、妊娠中は動物性のレチノールを摂取しすぎないように気をつけたほうがいい、というのが正しい意見なのです。
βカロテンなどは、特に皮膚や口腔、喉や肺と言った粘膜などの機能を正常に維持するのに必要な成分なんですね。

しかも、免疫などの維持にも必要な成分でお腹の中の胎児の細胞を分化させることにも大きく関わりますので、植物性のビタミンAに関しては必要になってくるんです。

ビタミンの取捨選択というのも必要なことです。

ビタミンAは過剰も不足も影響あり

レチノールの過剰摂取が、奇形児の発生率を高めてしまうというのはわかったかと思いますが、実はかと言って摂らなさすぎることも悪影響になるんですね。

なので、ビタミンAやそれ以外のビタミンもしっかりと摂取した方がいいから植物性由来のビタミンAだけはしっかり摂れるように食事の内容を考えておくといいでしょう。